先発医薬品

複雑な製剤に対応するAclar®フィルム

Aclar防湿バリアフィルムは、お客様の最も困難な課題にお応えします。Aclarは、最新の吸湿性製剤ニーズに伴いますます増加するバリア特性や有効期間への要件を満たすグローバルプラットフォームをご提供することで、柔軟なオペレーションやブランド価値の強化をお手伝いします。

  • 概要
  • 利点
  • サービス
  • Aclar利用ガイド
  • ホワイトペーパー

製薬会社を取り巻く内外の環境が厳格化する中、上市を成功させるまでの道筋には多くの課題があります。

ハネウェルとAclar医薬品パッケージングフィルムは、先発医薬品メーカー様が抱える課題を軽減するソリューションを提供しています。

  • 安定性試験適合に向けたサポート
  • 高まるコスト圧力への解決策
  • グローバルなパッケージングプラットフォームの実現
  • オペレーションの効率性向上
  • コストや設備投資の低減
  • シートのスリム化および小型化によるブランド価値の向上

経口固形製剤(OSD)用ブリスターパッケージングの業界基準として認められているAclarについて詳しくは、ハネウェルまでお問い合わせください

パッケージのソリューションは地域によって異なります。しかしながら、現在利用されているソリューションのタイプにかかわらず、Aclarフィルムを安定性試験プロトコルに追加いただくことで、省コスト化やオペレーション効率化の実現をお手伝いいたします。

Aclarを選ぶメリット:

オペレーションコスト低減目標の達成

  • シートサイズを最大55%小型化
  • 製造コストの低減

オペレーション効率の向上

  • パッケージングラインのスピード化と効率化
  • ピローバッグに乾燥剤を追加する作業が不要
  • オペレーションの柔軟性の向上

上市準備や目標の達成

  • 最新の吸湿性医薬品と新しいドラッグデリバリーシステムを保護
  • 法規制による安定性試験に予定通り、予算内で確実に適合
  • 有効期間の最適化
  • ICH気候区域Ⅳを含め、あらゆる気候帯においてパッケージングを標準化し、輸出事業や当該地域での現地生産に対応

パッケージングによるブランド価値の向上

  • 有効期限をブリスターカードに印刷することで、薬局や患者が残存有効期間を見やすい表示
  • ブランド独自の製剤形状や色によるわかりやすい差別化
  • 患者にとって使いやすさと、服薬コンプライアンスを遵守しやすさ
  • より環境に優しい製品づくり

製品コンセプト開発から上市までグローバルにサポート

ハネウェルは、設計から製造、検査、上市まで、パッケージング開発の全ての段階でお客様をサポートします。お近くのハネウェルもしくは、米国、中国、インドのラボを含む専門家からなるグローバルチームが、それぞれの段階で、必要なサポートを提供します。

ハネウェルのサポート:

 コスト削減化分析とサポート

  • パッケージレイアウトのデザインと最適化
  • コスト算出ツールを用いたシートサイズ、スピードと経済性の評価
  • 単独の薬剤、製品ポートフォリオ、および複数施設や拠点も含めた分析

バリア性能の最適化

  • バリア材料の選択と理論バリア計算
  • 熱成形キャビティのデザインと最適化
  • 金型設計のベストプラクティスと分析

安定性試験サポート

  • 安定性試験プロトコルに対する推奨
  • (吸湿による)重量増加検査
  • 現地トレーニング、安定性試験のサポート

設備効率の最適化

  • ブリスターパッケージングラインの最適化
  • 熱成形ワークショップとオペレーターのトレーニング
  • プロセス最適化と個別のトレーニングプログラム

詳しくは、技術サービスガイドをご覧ください
もしくは、ハネウェルまでお問い合わせください。

技術資料

Aclarフィルム熱成形ガイドライン
Aclarラミネートの熱成形特性は、本質的にラミネートする底材に左右されますが、高品質のAclarブリスターを製造するための推奨事項をまとめました。

Aclarフィルム用 金型設計ベストプラクティス
ブリスターパッケージのバリア特性を最適化し、最終パッケージ有効期間を延長するためのガイドです。Aclarラミネートには特殊な金型は必要ありませんが、ベストプラクティスの方法を用いることで、求められるAclarラミネートの性能を最大限引き出すことができます。

Aclarフィルム UltRx 6000 テクニカルガイド
Aclar UltRx 6000フィルムによるラミネートを用いた、超高防湿バリア・ブリスターのデザインと熱成形の方法を紹介しています。

偏光フィルムの使用法
偏光フィルムを用いてブリスターカードをシンプルに手早く非破壊的に定性試験する方法を説明します。熱成形やシーリング直後に実施できるこの試験では、ブリスター上の歪みを検出することができます。

Thermoforming Packaging Economic Analysis
現在ご使用中のパッケージングと、低温成形(CFFまたは両面アルミ)パッケージングのコストを簡単に比較できる独自のコスト算出ツール

経口錠剤のブリスターパッケージング-製薬業界と患者の連携に対する挑戦
製薬産業が抱える課題の解決策として、ブリスターパッケージングの重要性がますます高まっています。熱成形フィルムは、利害関係者すべての要求に応える、ブリスターパッケージデザインの最適化を可能にします。患者のニーズを理解し応えると同時に、パッケージオペレーションでは生産性の大幅に向上する機会をもたらす決断とは。

製薬産業の複雑な要求に応える 超高防湿バリア熱成形パッケージング
医薬品を成功裏に上市するためには、様々に異なる幅広いニーズにバランスよく応じなければなりません。グローバライゼーションにより、より長い有効期間、サプライチェーンの簡素化、より大規模な生産能力が求められています。

遅れを避ける-ブリスターの安定性をどのように確保するか?
パッケージの信頼性は医薬品の上市を成功させる鍵となります。本書では、バリアフィルムに関する指針となる失敗のリスクを低減し、安定性試験への適合に必要なバリア性能を理解し、過剰パッケージと上市時期の遅延のリスクを避けるための3つの原則を紹介します。