よくある質問

ハネウェルでは、お客様の薬剤分子の上市をサポートする幅広いサービスを提供しています。金型設計、安定性試験、バリア性能および経済性評価、パッケージング設計サポートなど、パッケージの課題解決にぜひお役立てください。

Aclarフィルムは優れた防湿バリア特性を備えています。酸素バリアや光バリア性能をお求めの場合には、EVOH、彩色PVCなどのフィルムを用いたラミネート加工で保護機能を付加することができます。

Aclarフィルムは、DMFに登録されています(番号DMF-1578)。FDAのDMF閲覧許可届(LOA)が必要な場合はハネウェルまでお問い合わせください。

Aclarラミネートが使用する熱成形プラットフォームは、Alu/Alu(両面アルミ)に比べて効率の良いプラットフォームであることが認められています。不良品発生率の低減、切替時間の短縮や製造機械の正常稼働時間が増えることでOEEの向上に寄与します。

Aclarを採用した何百もの医薬品が安定性試験に適合し、成功裏に包装・流通しています。当社は個別の医薬品について安定性試験適合の保証は致しかねますが、パッケージおよび金型設計の最適化サポート、安定性試験サポート、(吸湿による)重量増加検査実施などのサービスで、Aclarラミネートによる安定性試験適合の可能性の最大化をサポートします。

Aclarフィルムはハネウェルが認証したコンバータパートナー(PTPシート加工メーカー)よりお求めいただけます。PTPシート加工メーカーの一覧は、こちらをご覧ください。

優れた耐薬品性は、Aclarの主な特長の1つです。風味の吸収や低下や、化学的侵食による劣化がありません。詳しくは、ハネウェルまでお問い合わせください。

Aclarラミネートの熱成形特性は、本質的にラミネートする底材に左右されるものですが、ハネウェルでは高品質のブリスターを製造するための推奨ガイドラインを提供しています。詳しくは、資料「Aclar フィルムの熱成形ガイドライン」を参照ください。

Aclarラミネートには特殊な金型は必要ありませんが、ベストプラクティスの方法を用いることで、求められるAclarラミネートの性能を最大限引き出すことができます。詳しくは、資料「Aclar フィルム用 金型設計の最適要領」を参照ください。

Aclarは高い耐薬品性、不活性、防湿バリア特性を有しており、これらの物性が求められるあらゆる用途に適しています。これまでAclarフィルムが用いられた主な用途には、先発医薬品、ジェネリック医薬品、栄養補助食品、動物用医薬品、一般用医薬品(OTC)、そしてパウチ、サッシェ、医療機器などがあります。

Aclarは高い耐薬品性、不活性、防湿バリア特性を有しており、これらの物性が求められるあらゆる用途に適しています。これまでAclarフィルムが用いられた主な用途には、先発医薬品、ジェネリック医薬品、栄養補助食品、動物用医薬品、一般用医薬品(OTC)、そしてパウチ、サッシェ、医療機器などがあります。

カールの発生は様々な要因が考えられ、主に蓋包材(アルミなど)の焼戻し、カード上のキャビティポケットのパターン、成形部分とシール部分の面積比、成形およびシールの条件、シール目の紋様(パターン)、後工程のシール時の残留熱が挙げられますが、他の要因が影響していることもあります。ブリスターのカールでお困りの際は、ハネウェルまでご相談ください。

各医薬品および各製剤には、それぞれバリア保護に関する独自の要件があります。用途に適した材料の選定で40年以上にわたり製薬産業をサポートしてきた経験を持つハネウェルの技術チームにお問い合わせください。お客さまのアプリケーションに最適なAclarグレードの選定をお手伝いいたしします。

Aclarラミネートを熱成形する際、通常のプロセスでは、安全な職場環境を確保するための特別な追加予防策は不要です。ただし、ラミネートが高温(最高290°C)に曝される環境で加工される場合、ハネウェルでは煙霧発生箇所での局所排気装置の使用を推奨しています。詳しくは、安全データシート(SDS)をご参照ください。

Load More