Press Release

ハネウェル、ACLAR® (アクラー)医薬品包装用 PCTFE フィルムの生産能力を拡大

ヘルスケア・医療用パッケージ需要の増加に応え米国ペンシルバニア州およびルイジアナ州工場の生産規模を拡張

2017 年 9 月 20 日米国ニュージャージー州モリスプレーンズ/2017 年 9 月 29 日 東京 – ハネウェル(本社米国ニュージャージー州、日本法人ハネウェルジャパン株式会社/東京都港区/代表取締役社長木下靖博)は、 世界中の製薬産業における継続的な需要の増加に応えるため、当社の医薬品用バリアフィルムである Aclar®(アクラー)の生産能力を強化中であることを発表します。ハネウェルでは、Aclar 事業に対し継続的な投資を実施しています。その一部であるこの度の複数生産拠点のアップグレードと生産能力拡大は、今年中の完了を予定しています。また、当社では今後数年に渡って追加投資を行う予定です。

Aclar は、高い防湿性能、透明性と、優れた熱成形性で知られるフィルム製品で、さまざまな医薬品パッケージ用途で広く使われています。薬品を、輸送および保管中の湿気による劣化から保護するAclar は、過酷な気候条件下でも優れた保護性能を発揮します。Aclar フィルムを採用した医薬品ブリスター包装は、低温成形ホイル(CFF)包装に比べ最大 55%パッケージを小型化することができます。これらの特徴をもつ Aclar は、製薬メーカーが求める、ユーザーのニーズを満たす患者本位のパッケージを実現する設計柔軟性をもち、また薬剤の製品寿命全体における生産性の向上に寄与します。

ハネウェル、パッケージング&コンポジット担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのサンジェイ・シャルマは、「世界中の製薬産業では、現在開発中の次世代医薬品を保護する、さらに高い性能のパッケージ材料に対する需要が増加しています。Aclarは過去40年以上にわたり製薬産業で信頼され、選ばれてきた製品です。ハネウェルは、拡大し続ける業界の需要に応えるべく、一層の生産能力の強化に向け投資をしてまいります。」とコメントしました。

Aclarフィルムはポリクロロトリフルオロエチレン(PCTFE)フッ素ポリマー技術をベースにした製品で、高い透明度、生化学的に不活性、耐薬品性、および不燃性が特徴で、可塑化剤や安定剤を使用していません。Aclarフィルムを使ったパッケージは、中身を確認しやすく、携帯性に優れ、また患者に優しいデザインを実現することで、医師による処方時における患者コンプライアンスの向上に寄与します。今日、Aclar熱成形性フィルムは、先発医薬品、ジェネリック医薬品、一般医薬品(OTC)メーカーから動物用まで、幅広い医薬品市場のパッケージ用途で用いられています。

Aclarフィルムについて詳しい情報は、日本語ウェブサイトwww.honeywell-aclar.jp/ を ご覧ください

# # #

ハネウェル(www.honeywell.com) は、フォーチュン(Fortune)100 社にノミネートされた、ソフトウェア技術に根ざした産業ソリューションを提供する複合企業で、航空宇宙・自動車分野の製品およびサービス、ビル・住宅・産業向け制御テクノロジー、パフォーマンスマテリアルズなどを世界中のお客様に提供しています。当社は、テクノロジーの力で航空機、自動車、家庭、ビル、工場、物流、作業者など、あらゆるヒトやものを「つなぎ」、よりスマートで、より安全で、より持続可能な世界を目指します。ニュースや詳しい情報は、www.honeywell.com/newsroomをご覧ください。